大人の社会科

憲法改正がなぜ必要なの? | 憲法改正のいろんな『なぜ』をレポート

Pocket

憲法改正ってなぜ必要なの?って娘に聞かれました^^;何となく分かってるようで分かってないのが憲法改正ですよね。…と言いますか、分かってない自分に気づきました。

何となく『憲法改正』と言うと、『9条の自衛隊明記』となって、『憲法改正は必要だ!』と言っちゃうと、反対派の人たちから『平和憲法を守れ!』とか『戦争を容認するのか!』みたいになっちゃいますよね。

『憲法改正の賛成者は平和を望まない人!!』みたいに扱われます^^;

リサーチをする前、私もそんなイメージを持っていました。

…でもですね。

調べてみると違うんです。

そもそも憲法改正をしてもしなくても戦争は起こりえるし、憲法を改正しても平和憲法が壊れるわけでもありません。

むしろ憲法を改正して、もっと平和に特化した条文を入れる事だってできるんですよね。

どちらにしても憲法を改正する事と平和が壊れる事、ましてや戦争が起きる事とは、全く無関係だという事がわかりました。

一応、言っておきますが、私は憲法改正に『賛成』です。正確に言いますと『賛成になりました』

リサーチ前は正直、『どうでも良い派』でした。45歳なのにお恥ずかしですが^^;

『そこそこうまく行ってるのに、わざわざ改正なんてしなくて良くね?』くらいにしか思っていませんでした。

ただ、この記事のために憲法関連の本を読みあさってみて、勉強してみると変わってきたのです。『どうでも良い派』から『賛成派』へ…。

そのプロセスで知りえた憲法改正がなぜ必要かなのかの『なぜ』の視点をでレポートしようと思ったのです。

いよいよ現実味を帯びてきた憲法改正…最後にジャッジメントするのは我々国民ですからね。

私のように『どうでも良い』と思ってたりしてる人が、自分なりの意見を持ってもらえれば…嬉しいです^^

 

憲法改正なぜ必要なの? | 時代にあってないから…

憲法が施工されたのは1947年5月です。今から約70年前です。

70年間一度も改正されずにきたのが今の日本国憲法です。

古いから改正するほうが良いという事ではありませんが、憲法は我々国民が国家権力に対して出す命令文です。

あ!、サラッと書きましたが、憲法って国家権力が自分達に有利な法律を作ったりとか、勝手に戦争を起こしたりして暴走しないようにする為の命令書なんですよ~。

知ら無かったでしょ?実は私は知りませんでした^^;

国民をシバるものだと思っていました^^;

国民をシバるのは法律で、憲法は国家をシバるものなのです。

例えば国家が独裁的になら無い用に『国はこれをやっちゃだめよ』とか『日本はこうしなくちゃだめよ』みたいな指示がかかれているのが憲法なんです。

因みに国家権力とは国や行政、公務員の事をいいます。

 

そうなると…ですよ。

ちょっとイメージ変わりませんか?

『時代に合ってない指示をいつまでも続けてて良いのか』って。。

私は小学校とき少年野球をやっていました。今から40年くらい前の事です。

当時は練習中は水を飲んじゃダメだし、エラーや打てないと監督に『ヘルメット脱げ』とか言われて、バットのグリップで頭頂部をコツんとやられました。

エラーは、腰を落とさずトンネルなんてすると、ベンチに帰るとビンタをはられました^^;

当時は普通の事でした。

でも今の時代そんなこと通用しませんよね~。

監督が選手に暴力なんてふるおうものなら、『パワハラだ!!』って大問題です。良いか悪いかは別として、時代と共に指導方法も変わっていくわけです。

これと同じとは言いませんが我々国民が国家に対して行う指示が、70年前の指示内容で通りますかね。

もしかしてパワハラ指導書になってるかもしれませんよね^^;

この『時代にあっていない…』憲法を今の時代にあった憲法に変えようというのが理由の一つなのです。

 

憲法改正なぜ必要なの? | アメリカ人が作ったから

いまある日本の憲法ってアメリカ人がつくったのをご存知ですか?うそのようなホントの話しなんです。

前述したように、憲法とは国民が国家に対して行う命令書なのに、日本国憲法は、70年前の日本国民が作ったわけではなく、当時駐留していたアメリカ人が作ったんですよ~。

1946年2月連合国軍最高司令官マッカーサーが、たった8人のアメリカ人に作らせたのが今の日本の憲法なんです。

しかもこの8人は海軍少佐とか陸軍中佐など法律の素人だったのです^^;

前述したように憲法は国民が国家に対し命令する命令書です。

なので日本の憲法は日本の国民が作る事になるハズです。

でも現存する日本国憲法は日本国民ではなくアメリカ人が作ったのです。

こんな感じで日本人が日本人のために作った憲法じゃない所に憲法改正が必要と言う人がいるのです。

因みに、この憲法はたった8日で作られました^^;

戦争に負けたとはいえ、今後日本が絶対戦争を起こさせないよう、世界の脅威にならないようにマッカーサー3原則というのを立て、この8人のアメリカ人にたった8日間で作らせたのが現在の日本の憲法となりました。

○マッカーサー3原則
・天皇を元首とする
・戦争を放棄する
・封建制度を廃止する

日本の無力化を狙った日本国憲法が1946年11月3日に公布されました。
半年後の1947年5月3日施工されました。

 

憲法改正なぜ必要なの? | 自衛隊が明記されていないから

今回の北海道胆振(いぶり)東部地震、私の住む札幌では清田区が地盤の液状化でボコボコ道路になり、私の住む中央区も道路の陥没こそありませんでしたが、停電が3日続き、マンションの為停電になると水が出なくなるので3日間、ひたすら近くの公園から水くみしてました^^;

水が出ないとトイレもできないので、かなり苦労していましたが、そんな時も自分の事を省みず献身的に災害復旧、危険な場所への救助など大活躍してくれた自衛隊。

私もこの地震までは、あまり自衛隊を意識する事はありませんでしたが、今回被害者の立場で見た時、とても頼もしくありがたい存在だと思いました。

なんでも地震が起きてわずか1分で災害対策室を設置して対応を検討してたらしいですよ~。
今回の地震が2018年9月6日午前3時8分で、1分後に札幌市東区の丘珠(おかだま)駐屯地にある陸海空部隊が防衛省災害対策室設置したらしいです。

そんな、災害時には危険な場所で大活躍する自衛隊が今の憲法には存在していない事になっています。

ご存知でした?

存在してない^^;って。いるし。あるし。

助けてもらってるし。。。

間違いなく実在してるのに憲法上は存在していない事になっているのです。

『存在していない…』と言いますか、『存在しては、いけない』状態になっています。

これは憲法9条の条文が原因です。

憲法9条引用
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

自衛隊には陸海空がありますよね。完全な戦力です。

ですので第2項に抵触してしまってる状態な訳です。

なので、これだけ災害で大活躍してるのに『自衛隊は違憲だ!』って言われたりするんですよ。

実在する自衛隊が憲法上認められていない、不合理性を解消するために、憲法改正が必要と言われてる訳です。

 

憲法改正がなぜ今まで行われなかったか

1947年(昭和22年)5月に施工されてから現在に至るまで1回も改正されていないのが今の憲法です。

では、なぜいままで改正されなかったのでしょうか。

これは96条の要件が厳しぎるから…と言われています。

憲法96条引用
第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

要は憲法改正には3つのステップが必要で、その1つ目の『各議院の総議員の3分の2以上の賛成』というルールが厳しすぎると言われています。

○憲法改正3つのステップ
1.国会の発議
2.国民の承認
3.天皇の公布

国会議員の約7割(3分の2)の賛成を経て、初めて憲法改正の提案書が通り、その提案書通り憲法を改正するかどうかを国民の半分以上が賛成して、初めて憲法が改正されるのです。

因みに国会議員の約7割(3分の2)とは、衆議院で約7割(3分の2)参議院で約7割(3分の2)と、両方で約7割(3分の2)以上の賛成が必要です。

ここの国会議員の約7割(3分の2)以上と、国民投票過半数以上賛成というハードルが高すぎて、今の今まで憲法は一度も改正されていません。

憲法改正の手続きが事実上できない条項になっている事が今まで改正されてこなかった理由です。

因みに国民投票については、こちらで解説しております。
⇒憲法改正の国民投票法って!? | 基本的な事や問題点を徹底解説!

 

憲法改正をなぜ今するの?

安倍首相が『私の在任中に成し遂げたい』と明言している憲法改正ですが、なぜ今するのか、今いちピンときませんよね。

憲法改正はずっとその必要性が言われていました。(改憲賛成派の人は…)でも、差し迫った必要性と、前述したように改正手続きのハードルが高すぎるなどの要因でそこまで注目されてきませんでした。

でも『今』なら、できるのです。

衆参与党+改憲に賛成議員が3分の2以上議席を確保している状態なので、憲法改正3つのステップ1番目の国会の発議はできる状態ではあります。

もちろんそのあと国民投票でしっかりジャッジメントされますが、憲法ができてから今まで国会で改憲賛成派が多数を占めた事はなかったので、憲法改正をするタイミングとしては、やりやすい時期なのです。

この事が憲法改正をなぜ今するの?への回答になるのではないでしょうか。

ただ、来年には参議院選挙があります。この選挙で憲法改正に賛成する議員がどのくらいいるかで、憲法改正がなされなくなってしまう可能性もあります。

憲法改正がなぜ必要なのか…まとめ

憲法改正がなぜ必要なのかをレポートしてみました。

娘に聞かれて勉強し始めて分かった憲法改正の必要性でしたが、調べれば調べるほど憲法改正に賛成していく自分がいます^^;

ただ私の場合改正したほうが良いと思うのは、宙ぶらりんな自衛隊の所在をしっかり憲法に書くということと、その前に改正手続きのとこ。
憲法9条と96条ですね~。

お~9ばっかり^^;

9条の自衛隊の所在については、前述したように現実に居て災害などで大活躍してるんだから憲法にもしっかり書くべきと思いますし、96条の改憲の手続きについては、もうちょっと改正手続きのハードルは下げたほうが良いと思ってます。
ただあまり下げ過ぎるとそれはそれでコロコロ変わる憲法って事で問題なのでしょうけど^^;

ただ今の衆参で3分の2は高すぎだと思いまます。せめて半分で良いのかな…と。

 

因みに世界の国は頻繁に…とは言いませんが、憲法改正が行われてます。

■他国の憲法改正をした数
例えばアメリカは6回、カナダは17回、イタリアは15回、フランス27回、ドイツは60回インドは91回オーストラリアは5回、中国9回、韓国9回と憲法改正が行われています。

一度も憲法を改正していないのは日本だけです。

他国がするから日本もするみたいになってはいけませんが、頑なに『憲法は変えない』『改憲は絶対しない』というのも違うと思います。

もっとニュートラルに必要な憲法は変えていくという姿勢が良いのかなと思いマス^^;

関連記事

  1. 大人の社会科

    シリア内戦をわかりやすく解説 | そもそもの基本的なことを解説!

    安田純平さんの帰還で再び騒がれているシリアの内戦ですが、今日はシリア内…

  2. 大人の社会科

    日米地位協定とは!?簡単にわかりやすく解説

    太陽食堂で久々食事してきました。ランチではなく、初めて夕方に行…

  3. 大人の社会科

    北方領土『2島返還』って聞いて | ふざけんな何が2島だよ!を解説

    戦後70年動かなかった北方領土の問題が動きそうですね。もしホン…

  4. 大人の社会科

    自民党改憲草案 基本的人権が憲法から削除? | 人権よりも国益優先!?

    今回は自民党改憲草案の基本的人権についてレポートしていきます^^…

  5. 大人の社会科

    慰安婦問題とは!?わかりやすく解説 | 韓国の主張から考えてみました

    最近、このブログで大人の社会科として、社会の事をレポートしております。…

  6. 大人の社会科

    小選挙区比例代表並立制をわかりやすく解説 | 素人用にゆっくり解説

    今回は選挙ネタです。札幌で建設関係の営業をしてる私ですが、小選挙区比例…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 地下鉄琴似駅から桑園駅まで行くバスについて解説
  2. JR琴似駅から札幌駅まであえてバス行ってみました!
  3. 札幌駅から地下鉄琴似駅へ直接バスで行く方法をレポート!
  4. 地下鉄琴似駅から札幌駅へ地下鉄で行く方法 | ポイントは乗り…
  5. 琴似駅から札幌駅へバスで行くには? | のりばと時刻表をレポ…
  1. 北海道ネタ

    長万部のかにめし | 町内のかにめしを食べ比べしてみた!
  2. バスの事

    札幌駅から地下鉄琴似駅へ直接バスで行く方法をレポート!
  3. 北海道ネタ

    東小樽海水浴場に行ってきましたのでレビューします!
  4. ランチ

    室蘭ノンシャランでポークチャップを食べてみたが…
  5. o脚

    膝の手術費用はいくらになるの? | 私がやった脛骨骨切り術の全費用
PAGE TOP